ジェルよりクリームより

ジェルよりクリームより

お化粧品というと、ジェルタイプやクリーム状、液体と使い心地はさまざまにあります。
化粧品を使う上で、一番大切なことは、お肌の保湿を高める、十分な潤いを与える、といったお肌の水分量についてのケアが出来るかどうか、にあります。ここでお肌の水分量のお話を少しすると、実はお肌トラブルの多くは、お肌の保湿を十分行えば、改善されるものなんです。アンチエイジングと言われれば、なにか特別なお手入れが必要になるのかな、という気もしますが、シミやしわといった加齢による症状も、元をたどればお肌の水分バランスの崩れからくるもの。水分量が減ったため、お肌の表面の角質がボロボロになったりして、結果、加齢によるものだ、という認識になっているのです。
さて、化粧品のタイプの話に戻りますが、ゲルというのは、触ったことがある人ならわかりますが、少し弾力があって、クリーム状のものより、すこしもっちりとした感触があります。ジェルやクリームよりも水分そのものの量は劣りますが、このもっちり感があるので、肌表面への定着する力が高く、結果、保湿する力が高められているということになります。乾燥がひどい人には、特に、このゲル状の化粧品はおススメなんです。